友達の手術の話で可愛そうだけどゲラゲラ笑った一日

歳をとると、あっちが痛いだ、こっちが痛いだ。
あそこの病院が良いだ、こっちの先生が良いだ。
あの手術をしただ、この注射をしただ。
そんな会話になると言います。
おばぁちゃんたちの会話なんて、だいたい健康の話ばっかりですものね。

私もアラフォー。
そんなババ臭い会話に花が咲く機会が増えてきました。
今日、会った友達が実はこっそり心臓の手術をしていたんだと聞きました。
言ってくれたらよかったのに。
全く知らなかったのでビックリしました。
カテーテルでの手術だったので、大したことなかったよー
なんて言っていましたけど。
それでも心臓の手術なんて聞くとビックリしますよね。

手術の体験話を面白おかしく話す友達。
何が一番イヤだったって、尿道カテーテルなんだそうです。
友達は男の子。
とにかく痛いらしいですよ。
女性はそこまで痛くないらしいよーと言っていたのですけど・・・
どうなんでしょうね。
手術後動いてはいけなかったらしくて。
尿道カテーテルは必須だったんだそうです。
もし、また同じ手術をしなくちゃいけなくなったら絶対尿道カテーテルを断る!と言っていました。
でも、困るじゃないですかねぇ。
と言ったら、奥さんに頼み込んで尿瓶で処理してもらうんだそうです。
奥さん。
やってくれるかしら。
万が一に備えて、これから奥さん孝行しなくちゃね。